クリーンな地球環境をつくる 環境マネジメント

環境方針

リコーリースグループは、中長期ビジョン『循環創造企業へ』のもと、事業活動における環境負荷低減に向けた取り組みを推進するとともに、事業を通じて脱炭素社会および循環型社会の実現へ貢献し、サステナブルな社会を目指します。

  • 環境に配慮した商品・サービスの開発および提供を通じて、脱炭素社会の実現へ貢献します。
  • 取り扱う機器の適正な管理および、3R(リデュース・リユース・リサイクル)を促進し、循環型社会の実現へ貢献します。
  • 事業活動における省エネルギーや省資源、汚染の防止・予防、グリーン調達等、環境負荷低減に向けた取り組みを推進します。
  • 環境関連の法令等を遵守するとともに、SDGsなどの社会的要請を企業活動へつなげます。
  • 環境への取り組みを推進するため、継続的にマネジメント体制や活動の改善に努めます。
  • すべてのステークホルダーへ環境方針を周知・啓発し、環境に関する取り組みを積極的に開示します。

環境マネジメント

当社グループは、経営理念や環境方針、さらにリコーグループが掲げる環境戦略に基づいた環境経営を推進するために、国際規格ISO14001にのっとった環境マネジメントシステム(EMS)を構築・運用しています。なお、ISO14001の認証については、2001年に当社単独で取得、2014年からはリコーグループとして統合認証を取得しています。
EMS推進体制は、サステナビリティ推進室長を責任者とし、各事業所の責任者と各職場の委員から構成されています。年度の環境目標は、四半期に一度開催する社長諮問機関である「サステナビリティ委員会」において議論を重ね、決定します。なお近年、地球環境問題とそれに伴う社会の変化が事業に及ぼす影響が大きくなっていることから、当社グループを取り巻く事業環境をリスクと機会の視点で分析・把握し、その認識に基づいて環境経営の意思決定を行っています。
年1回開催されるEMS推進委員会では、環境目標の達成状況の検証・評価、新たな施策立案などを行うほか、最新の環境・サステナビリティ情報の共有を図っています。

2020年度の環境目標と実績

集計範囲:リコーリース株式会社

環境目的 環境目標 KPI 目標値 2020年度実績
事業活動における環境負荷低減 省エネルギーの推進 CO2排出量 762t-CO2 733.1t-CO2
電気使用量 629,000kwh以下 651,881kwh
空調使用時間 昼間:98,039 時間
夜間・休日:10,678 時間
昼間:77,478 時間
夜間・休日:8,896 時間
ガソリン使用量 152㎘以下
(前年比 ▲5%)
117.3㎘
燃費改善 17.93km/ℓ
(前年比 2%改善)
18.44km/ℓ
省資源 排出量 40t以下 34t
紙の購入量削減削減率 590万枚以下
21.0%以上
380万枚
19.1%
廃棄物削減 再資源化率 98%以上 再資源化率 95.0%
3Rの推進 リース資産の適切な回収 物件回収率 70%以上 68.5%
責任ある調達 持続可能な原材料調達の推進 グリーン購入率 100% 99.7%