ハピネスな会社、そして社会をつくる 人財育成

テーマ背景とSDGsへの対応

テーマ

人財育成

4.質の高い教育をみんなに
テーマ背景とSDGsへの対応 企業が競争力を維持・強化し、持続的な成長を実現し続けるために、社員の能力開発や、可能性を最大限に引き出す環境づくりが求められています。当社グループでは「いかなる環境・条件のなかにおいても、自らの能力と可能性を最大限に発揮して、道を切り開いていくという姿勢を持った人財」を自立型人財と定義し、組織と個人の成長はもとより、社会やお客様の課題を解決できるプロフェッショナル人財を育成します。
アプローチ
  • 当社グループが掲げる求める人財像と人事制度に基づき、チャレンジする風土を醸成し、計画的な人財育成施策を展開する
  • 社員の主体的なキャリア形成を支援し、知識の習得や能力開発の機会を積極的に提供する
  • 会社の成長を担っていく管理職の人財育成を強化する

2020年度の主な実績・成果

2020年度の主な実績・成果

「RL Academy」の構築

リコーリースグループが中期経営計画で掲げる「個を中心に据えた経営」には、これまで培ってきた人財力に加え、異なる力が社員に求められます。社員一人ひとりが社会課題に向き合い、主体的な考え・判断・行動によってさまざまな好循環を生み出していく力を身につける必要があり、社員と当社がともに持続的に成長することで中長期ビジョン「循環創造企業へ」を実現します。当社では、人財育成プログラム「RL Academy」を構築し、その実現を目指しています。
RL Academyは、「あるべき姿 × 社員 × RL Academy」をコンセプトに、社員に主体的なキャリア形成に向けた学びの場を提供するとともに、将来の経営層の輩出を念頭に人材開発プログラムを提供しています。階層ごとに「あるべき姿」を示し、RLAcademyが各種プログラムを提供することで、羅針盤となって社員を「あるべき姿」に導きます。

人材開発プログラム

RLみらい塾

2020年度9月より、社長の中村をオーナーに後継者を育成するプログラム「RLみらい塾」を月1回、開催しています。社長の思いや考えを伝え、経営の視野・視座・視点を養うもので、経営層や外部有識者を講師に、レクチャーとインタラクティブコミュニケーションで、次世代リーダーに必要となる知見を広げています。2020年度は、7回開催し、社長の中村や社外取締役の二宮氏ほか、廣瀬俊朗氏(元ラグビー日本代表キャプテン)や古今亭菊之丞氏(落語協会理事)など幅広いジャンルの外部講師を迎え、リーダーシップやサステナビリティなどについて理解を深めました。

階層別研修

社員が自身の業務を主体的に考え、判断し、行動につなげることができるよう、課題解決に資する思考系のプログラムを提供しています。新入社員からアシスタントマネージャーまでの若手社員を対象に導入し、ボトムアップで課題解決の推進を図ります。自身の思考、行動、習慣に働きかけ改善を図っていくプログラムや実践に落とし込みやすいコンテンツなどを階層にあわせたレベルでプログラム設定し、提供しています。
新入社員研修で学ぶロジカルライティングから始まり、次にロジカルシンキングを学ぶことで、問題解決力のベースをつくり、実務を通して問題解決力を鍛えながら習得できる設計にしています。これまでの学びの発展系として既存の枠にとらわれない創造力につながるデザインシンキングを学び、実践への接続をつくります。最終的には「7つの習慣®」のフレームを学び、フレームワークを活用しながら成長するために計画的に学べるよう生産性の高い時間のつくり方と使い方を身に着け、なりたい自分の実現やリーダーとしての成長を実現します。
2020年度は、コロナ禍において集合研修が難しいなか、オンラインで開催し、合計110名の社員が受講しました。

階層別研修のプログラム

管理職の人財育成力の強化

管理職に求められるコンピテンシーや行動の実践度合について、上司・部下・関連組織等から多面的に評価を受ける360度フィードバック研修を2014年度より毎年実施し、マネジメント力や人財育成力を強化しています。特に新任管理職者に対しては、研修後に上司面談を設け、自身が補うべき行動やスキルを明確化することで、マネジメント課題改善の機会となっています。

360度フィードバック研修

新卒採用と育成システムの確立

当社は、採用段階から入社後の育成システム(自立型人財育成システム)が一体となった新卒採用活動を目指しています。そのため、予め当社が求める人財像を明確に設定し、一次選考から対話を重視した選考スタイルにより学生のポテンシャルを見極めています。また、採用は会社全体で取り組むという考えのもと、多くの社員がインターンシップや座談会、OB・OG訪問などに関わることで、学生自身が働くイメージや将来像を具体的に持ち、入社前の認識とギャップのない就業を可能とすることを目指しています。

求める人財像。旺盛な好奇心と向上心。高い目標・課題を達成したいという想い。他者と信頼関係が構築できる。自ら考え、自ら行動し新たな「機会」を創る。粘り強く、やり遂げる。論理的思考、独自の視点・価値観。セルフコントロール。