ダイバーシティ&インクルージョン ダイバーシティに関する外部評価

当社は「社員一人ひとりを尊重し、豊かさの充実に努め、いきいきと働ける環境をつくる」という企業理念のもと、働きやすく活躍できる企業風土の醸成に努め、仕事を通じて社員の自己実現を支援すべく、ダイバーシティとワークライフ・マネジメント※1の推進に積極的に取り組んでおります。これらの取組により、社外から以下の評価を得ております。

  • ※1
    当社では、仕事と生活の双方を充実させるために、双方を自ら積極的にマネジメントしていくべきとの考え方から、ワークライフバランスに代えて、ワークライフ・マネジメントという言葉を用いています。

えるぼし認定を取得

当社は、女性の活躍推進に関する取り組み状況等が優良な企業として、2017年6月26日付で、厚生労働大臣より「えるぼし」の最高位である3段階目の認定を受けました。
この「えるぼし認定」は、女性活躍推進法に基づき、行動計画の策定および届出を行った企業のうち、取組の実施状況が優良な企業が厚生労働大臣より認定を受けるものです。認定は、「採用」「就業継続」「労働時間」「管理職比率」「多様なキャリアコース」といった5つの評価項目があり、基準を満たした評価項目の数に応じて3段階で評価されます。
当社は2020年までに女性管理職比率20%達成を目標(2021年12月現在目標を達成しております。)に掲げ、女性活躍をテーマとしたキャリア研修や有識者を招いた講演会をはじめ、両立支援制度の整備拡充や年次有給休暇の取得促進、残業削減に関する取り組み等を行ってまいりました。その結果、すべての評価項目において基準を満たしたことで、最高位である3段階目の認定を受けることができました。

「えるぼし」3段階目の認定のロゴ

「なでしこ銘柄2016」に選定

当社は女性が働き続けるための雇用環境の整備を含め、女性活躍を積極的に推進している企業として、経済産業省と東京証券取引所が共同で取り組む「なでしこ銘柄2016」に選定されました。
「なでしこ銘柄」とは、全上場企業の中から業種ごとに女性活躍推進に優れた企業を投資家にとって魅力ある銘柄として紹介するもので、平成27年度は全部で45社が選定され、当社はそのうちの1社として選定されました。
当社は2020年度末までに管理職とグループリーダーを含めた女性リーダー比率を25%(女性管理職比率は20%)まで引き上げることを目標(2021年12月現在両目標を達成しております。)として掲げております。その実現に向けて、女性の声を経営TOPに提言するための諮問機関であるダイバーシティカウンシルの発足や各種キャリア研修、ダイバーシティフォーラムの実施など、女性の意識改革を促進し、活躍していくための様々な取り組みを実施してきたことが評価されました。

なでしこ銘柄2016のロゴ

プラチナくるみん認定を取得

当社は2015年12月21日付で改正次世代育成支援対策推進法に基づく特例認企業として、『プラチナくるみん』の認定を取得しました。
この『プラチナくるみん』認定は、子育てサポート企業として従来のくるみんの認定を受けた企業のうち、より高い水準の取組みを行った企業が受けることができる認定制度で、2015年4月の法改正により新たに創設されたものです。
男女ともに育児休業取得率の基準を達成したことはもちろん、時間年休制度の導入をはじめとした各種年休取得促進策の実施、時短勤務制度の利用期間延長や支援休暇※2取得事由拡大等により両立支援制度の拡充を図ったことなど、仕事と育児の両立を図るための雇用環境整備を積極的に行ってきたことが評価されました。

  • ※2
    支援休暇とは、失効した年休を積み立て、育児や介護などの場合に使用できる休暇制度です
プラチナくるみん認定のロゴ

イクメン企業アワード2016 グランプリ受賞

当社は、厚生労働省が主催する「イクメン企業アワード2016」において、リース会社では初となるグランプリを受賞いたしました。
「イクメン企業アワード」とは、育児を積極的に行う男性=「イクメン」を応援し、男性の育児休業取得を促進する厚生労働省のイクメンプロジェクトの一環で、男性の育児と仕事の両立を積極的に促進し、業務改善を図る企業を表彰する制度です。
当社は、2015年度に「育メン・チャレンジ休暇制度」を導入し、子どもの生まれた男性社員に5営業日以上の育児休業取得を積極的に推奨した結果、男性の育児休業取得率が大幅に増加しました(2013年度20%→2015年度76.5%)。
また、本制度は単に休暇を取得するだけでなく、すべての育児・家事を主体的に担うことを通じて男性社員の意識改革を図ることを目的としており、休暇取得後は配偶者からのコメント付きの報告書を提出するなど、男性社員が育児・家事に意欲を持って積極的に携わるために効果的な取り組みであるという点が評価されました。

イクメン企業アワード2016 グランプリのロゴ

PRIDE指標2021「シルバー」受賞

当社では、ダイバーシティ&インクルージョンを人財マネジメントの基本と考え、性別や年齢、雇用形態、新卒・中途採用、障がいの有無、人種や国籍、ライフスタイル、宗教、性的志向・性自認などを問わず、多様な人財がいきいきと活躍できる職場環境づくりに取り組んでおります。
当社は、経営トップがLGBTQなどへの取り組み姿勢を社内外へ発信するとともに、人事制度や福利厚生に関する各種制度において、結婚・配偶者についての定義を拡大し、「事実婚」「同性婚」も対象としています。LGBTQに関する社内研修・プログラムも継続して実施しており、2021年に実施したe-ラーニングは役員を含む全社員が受講する(受講率100%)など、動画学習および演習により社内理解の促進に努めています。また、当社では採用時の性別記載を求めず、就業時には自由な服装を認め、社員が性的マイノリティに関する意見を言える機会を設けています。このような取り組みが評価され、今回の「シルバー」受賞につながったと考えております。
当社は、今後も、サステナビリティ中期経営計画のマテリアリティの一つに掲げる「ハピネスな会社、そして社会をつくる」の実現に向け、LGBTQへの理解をさらに深めるとともに、社員一人ひとりが互いの個性や特性、価値観などの違いを認め、尊重し合い、すべての社員が業務を通じて成長できる機会を持ち、多様な個性が活躍できる会社ならびに社会を目指してまいります。

PRIDE指標2021「シルバー」のロゴ

「Forbes JAPAN WOMEN AWARD 2021」企業部門で第6位入賞

当社は、社員の約半数を占める女性の活躍が原動力となり、事業の発展につながると考え、これまで女性が働き続けられる環境づくりや、女性のキャリアに対するマインドを醸成するための教育に取り組んでまいりました。中期経営計画の戦略に組織能力強化を掲げ、ダイバーシティ&インクルージョンの施策を取り入れるなど、社長をはじめとした経営陣が積極的に関与することで女性社員の活躍を後押ししています。
当社の女性管理職比率は20.4%(2021年4月1日時点)となり、今後は、2022年度までに女性管理職比率を22%、2030年度までに30%を目指しております。
当社では、ダイバーシティ&インクルージョンを人財マネジメントの基本と考え、性別や年齢、雇用形態、新卒・中途採用、障がいの有無、人種や国籍、ライフスタイル、宗教、性的志向・性自認などを問わず、多様な人財がいきいきと活躍できる職場環境づくりに取り組んでまいります。

Forbes JAPAN WOMEN AWARD 2021のロゴ