CSR

コンテンツです
トップへ戻る
フッターへ移動する

基本方針・目指す姿

ダイバーシティとワークライフ・マネジメント

仕事とプライベートの調和が充実することで、生活に活力が生まれ、それが新たな原動力になります。また、多様な人財が働きやすい環境、やりがいのある仕事で活躍することは、社員満足につながり、ひいてはそれが仕事の生産性や質を高め、企業価値や顧客満足度の向上にもつながっていきます。当社は、「一人ひとりが尊重しあい楽しくいきいきと働ける環境をつくる」という企業理念のもと、性別、年齢、雇用形態、新卒・中途採用、障がいの有無、国籍、ライフスタイル、宗教、性的指向/性自認に関わらず、多様な人財による新たな価値・高い価値創出へのチャレンジを引き出す「ダイバーシティ」を人材マネジメントの基本であると考え、ダイバーシティとワークライフ・マネジメントを両輪で推進してまいります。推進する上では、人事制度に基づいた意識・風土醸成を基盤に、「多様な人材の活躍推進」と「両立支援と働き方の見直し」を軸に取り組んでいます。

(※)当社では、仕事と生活の双方を充実させるために、双方を自ら積極的にマネジメントしていくべきとの考え方から、ワークライフバランスに代えて、ワークライフ・マネジメントという言葉を用いています。

女性活躍推進に向けた社長メッセージ

私は会社における職種、役職等は社員一人ひとりにとって機会均等であるべきだと思っています。また、個々人の性自認、人種、生活様式、年齢等に関わり無く機会均等であるべきだと考えています。一方で日本の社会においては、少子高齢化が急速に進行する事に合わせ国内の労働環境もグローバル化に対応する事が迫られています。
その様な中、当社は2019年4月より経営理念を刷新し、社員は「一人ひとりが尊重しあい楽しくいきいきと働ける環境をつくります」と謳いました。
当社は、19次中計における組織能力向上戦略の一つとして2020年度までに女性管理職20%の達成を目標に掲げています。この目標自体は日本の先進的企業の実態にはマダマダ及ぶものではありませんが、20次中計の推進を通じて日本の先進企業の仲間入りをする為にも是非達成していくべき目標と考えています。
当社の約半数は女性社員であり、この中から管理職としての役割に魅力を感じて貰い機会均等のチャンスに手を伸ばして頂くよう、女性達の意欲の醸成と働き方の改革に伴うワークライフ・マネジメントを実現できる環境の構築に向けた施策を幾つも手掛けています。
これらの施策の成果として先ず女性管理職20%を達成し、更に男女比に見合う構成比まで目指していきます。
また、同時に単に男女比に注目するだけでなく、個々人の多様性の比率に応じた管理体制が自律的に整えられる事を目指したいと思っています。

社員一人ひとりのやりがいの実現を目指して

ダイバーシティとワークライフ・マネジメントの目指す姿

ダイバーシティとワークライフ・マネジメントの目指す姿 企業価値の向上<br>社員一人ひとりのやりがい(活躍)の実現

リコーリースの目指すダイバーシティとワークライフ・マネジメント推進のサイクル

働きやすい会社の実現、イノベーションへ

ダイバーシティとワークライフ・マネジメント推進の取り組みの軸

働きやすい会社の実現、イノベーションへ
ローカルメニューです
ページの先頭へ