facebook

I’mCreator.

リレーション一部
広域支援センター

松本 紫歩

SHIHO MATSUMOTO

2015年4月 新卒入社

東京と神奈川でエリア営業を経験したのちに、広域支援センターへ。
現在は、東京エリアの営業社員のサポート業務を担当。

こんなに女性が
いきいきしている会社、
初めて見ました。

「男女関係なく活躍している会社」それがリコーリースの第一印象でした。入社前に会った女性の営業社員の方が、自発的に新しいことを考えて積極的に提案している姿がとてもカッコよく見えたんです。私は金融業界を中心に就活していましたが、女性がここまでいきいきと働いている姿を見たのは初めてでした。

実際に入社してみて驚いたのは、制度も非常に充実していること。女性が全員産休育休を取っているのはもちろん、男性も全員育休を取っている。男性社員も育休を通して、育児・家事の大変さを知り、今後のワークライフバランスを見直してもらう狙いがあるそう。制度を形だけ整えるのではなく、こんなにしっかり推進している会社、なかなかないと思います。

受け身のサポートはしない。
主体的に、どんどん提案。

5年間エリア営業を経験したのち、今は広域支援センターというエリア営業社員の業務をサポートする部署で働いています。サポートというと、言われたことをお手伝いするだけのイメージがあるかもしれませんが、私たちはそうではありません。積極的に「こうしたらいいんじゃないか」と営業の人たちに提案して、業務の推進を図る。営業と私たち、二人三脚でやっているようなイメージですね。

今の仕事で意識していることは、「社内の業務効率化」。営業の方が持ってきた案件は審査部門で審査をするのですが、これまでは審査に進展があるたびに私たちが営業の方へ報告や確認のためのメールを送付しており、そのメールのやりとりで大きな時間のロスが出ていました。そこで、全案件の審査状況がいつでも確認できる表を作成して共有するように変えたんです。営業の方から「松本さんのおかげで業務がスムーズになりました」と感謝された時は嬉しかったですね。営業時代の経験を活かせた瞬間でもありました。これからも、営業の方の気持ちがわかる業務担当として、攻めのサポートができる人材になっていきたいと思います。

異動はチャンス。
多角的な視点が身についた。

営業時代に比べて、今は色々な部署と関わることが増えました。どんな部署がどんな仕事をやっているのかを知り、相手の気持ちに立ってコミュニケーションできるようになったと思います。部署を異動しなければ気づけなかったことですね。

将来的には家庭も築いていきたいですし、仕事も大好きだから続けていきたい。仕事とプライベートをしっかり両立できるようにしていきたいですね。自分自身がより良い働き方をしていくためにも、業務効率化をより推進していくことが大事だと思っています。今はまだ小さな規模での効率化が多いですが、会社全体に影響を与えるような業務効率化を提案実行していくことが今後の目標です。

Sustainable Creator’s Holiday

サステナブルクリエイターの休日

昔は高校野球ファン。
今はプロ野球ファンです。

学生時代から野球観戦が趣味。昔は特に高校野球が好きで、甲子園まで足を運んだこともありました。社会人になってからは、主にプロ野球を見るように。神奈川支店にいた時は、部署のみんなと横浜ベイスターズの試合をよく見にいきました。野球観戦を通して、他部署の方とも話す機会が増え、交流の場にもなっています。

Are You Creator?

I’m
"Sustainable
Creator”.