リース

コンテンツです
トップへ戻る
フッターへ移動する

オペレーティングリース

オペレーティングリースとは?

ファイナンスリースは、リース契約期間の中途解約禁止と、リース対象物件の取得価額と付随費用のほぼ全額をリース料として回収する取引となりますが、オペレーティングリースは、リース対象物件の取得価額と付随費用のほぼ全額をリース料として回収しない取引となります。

一般的にオペレーティングリースは、リース会社がリース契約終了時のリース物件の価値を査定し、リース対象価額より査定した価値(残存価額)を引いて、リース料を算定する取引です。 このため、将来の市場価値が見込めないような設備や、お客様の利用状況が見通せないケースではオペレーティングリース取引は成立いたしません。

オペレーティングリースとファイナンスリースの比較

オペレーティングリースとファイナンスリースの比較

また、陳腐化が激しいICT機器のレンタルや、短期間の複合機のレンタルなど、
グループ会社のテクノレント社 にて、お取扱も可能です。
パソコンに関しては、レンタルだけでなく、ソフトウェアのインストールや初期設定などのキッティング、レンタル契約終了後のデータ消去などレンタルに付帯するサービスのご提供も可能です。

ページの先頭へ