リース

コンテンツです
トップへ戻る
フッターへ移動する

不均等払いリース

新規設備の導入時に、リース料をフレキシブルに設定することが出来るスキームが不均等払いリースになります。導入時の状況や機器の稼動に応じた柔軟な支払スケジュールの設定が可能となります。

リース料の不均等払いを活用した事例

  • 新規事業所開設に当たり、初年度は設備リース料を月¥100,000以内、に抑えたい。
  • 3年後には、既存設備資金の返済が終わるので月¥250,000の余剰資金が発生する。
  • 12月や3月は通常月の2倍強の売上が期待できるので売上に応じた支払いをしたい。

上記のお客様ニーズに対応したリース料のお支払いイメージ

上記のお客様ニーズに対応したリース料のお支払いイメージ

さまざまな業界や取扱物件でご活用頂けます。

  • 1. 商用印刷市場
    年末や年度末の繁忙期を見越したリース料の設定。
  • 2. 開業医(高額医療機器案件)
    営業が安定するまでのリース料据置設定。
  • 3. 再生可能エネルギー市場
    当初の想定発電量に応じたリース料の設定。
  • 4. 情報機器市場
    事前に想定したストレージの稼働率に応じたリース料の設定。
ページの先頭へ