豊かな暮らしをつくる コミュニティとの協働・連携

テーマ背景とSDGsへの対応

テーマ

コミュニティとの協働・連携

3.すべての人に健康と福祉を 7.エネルギーをみんなに。そしてクリーンに 8.働きがいも経済成長も 9.産業と技術革新の基盤を作ろう 11.住み続けられるまちづくりを 17.パートナーシップで目標を達成しよう
テーマ背景とSDGsへの対応 社会は企業の存立基盤であり、企業が社会の経済的・社会的発展に貢献することは当然の責務です。当社グループは、事業活動を通じて社会の価値向上に努めるとともに、「良き企業市民」として社会が抱える課題を理解し、会社と社員が協力し合いながら、「環境保全」「地域活性化」「医療・介護」の三つを取り組みの重点分野と位置づけ社会貢献活動に取り組みます。
アプローチ
  • お客様や取引先、NPO・NGOなどのステークホルダーと積極的に協働し、活動の輪を広げる
  • 社員の自発的なボランティア活動などの社会参画を支援する

社会貢献基本方針

リコーリースは、事業活動を通じて社会の価値向上に努めるとともに、
「良き企業市民」として社会が抱える課題を理解し、
会社と社員が協力し合い、社会貢献活動に取り組みます。

環境保全

地球温暖化の課題を捉え、人と自然との共生を目指し、美しい地球を次世代へ残すために、地球環境と調和した、持続可能な社会の発展に貢献します。

地域活性化

社員一人ひとりが企業市民の一員としての責任を自覚し、地域社会や市民活動への参画・支援を通して、地域活性化を目指します。その活動は、お取引先およびお客様へと輪を広げていきます。

医療介護

社会の課題である高齢化に備え、インフラの整備が急がれる医療、介護分野において、事業活動による支援にとどまらず、社会の皆さんとの活動を通して、共に学び感動し、豊かな社会の形成に貢献します。

地域に根ざした社会貢献の実施

社員一人ひとりが企業市民の一員としての責任を自覚し、地域社会や市民活動への参画・支援を通して、地域活性化を目指しています。

緑化活動

当社では、2005年から社会貢献型の株主優待制度として、公益社団法人国土緑化推進機構の緑の募金に寄付を始めました。同時に「富士山緑の募金の森」の緑化活動に参加し、毎年1回以上の活動を継続しています。
この活動には毎年リコーグループや一般企業の方々も含め、100名近くが参加されます。
当社では引き続き、社会貢献型株主優待と併せ、富士山の緑を守る活動を行ってまいります。

ピンクリボン活動

当社では2004年からピンクリボン活動を開始し、乳がん検診受診啓発運動を続けています。毎年10月のピンクリボン月間には、東京、神戸、仙台で開催される公益財団法人日本対がん協会主催の「ピンクリボンスマイルウォーク」に、社員と家族で参加しています。
また、毎年春には、認定NPO法人乳房健康研究会が主催の「ピンクリボンウォーク」に参加しています。社員の活動はウォークだけではなく、乳がんに関する正しい知識を持って活動を推進する「ピンクリボンアドバイザー」認定資格の取得者も増えてきています。

地域社会への貢献・連携

当社は、社員一人ひとりが地域社会を支える一員として、ステークホルダーとのコミュニケーションと地域社会の課題解決を重視した活動を推進し、社員の家族、お取引先やお客様へと活動の輪を広げています。2014年1月には社会貢献方針を策定し、「環境保全」「地域活性化」「医療・介護」を重点分野と位置づけ、社会が抱える課題を理解し、リース・割賦、金融サービスなどの事業とも連動した、積極的な社会貢献活動を推進しています。

復興支援