CSR

コンテンツです
トップへ戻る
フッターへ移動する

編集方針

編集方針

CSRレポートは、当社グループのCSRへの取り組みをご理解いただくとともに、取り組みのさらなる向上を目指して、ステークホルダーの皆様とコミュニケーションを図ることを目的に発行しています。

CSR REPORT2017の主な特徴

  • 新中期経営計画の策定にあわせて見直した、当社の重要課題特定のプロセスを詳細に開示しています。また、重要課題の指標として、CSR中期経営計画を策定しました。
  • 4つの重要テーマ及びCSRの基盤に関する活動報告ページでは、当該年度の活動報告に加え、前CSR中計の成果や活動実績を掲載することで継続的なCSR活動の進捗を見える化しています。また、活動を定量的に評価いただくために、ESGデータをまとめたデータ編も新たに掲載しています。
  • 環境への配慮から報告書の印刷は行っておりません。

「リコーグループCSR憲章」(※)とISO26000の7つの中核主題

リコーグループ全体で共有する価値観、行動原則を定めた「リコーグループCSR憲章」の4分野を、ISO26000の7つの中核主題と照らしてCSR活動を体系化しました。

※「リコーグループCSR憲章」
この憲章にある「誠実な企業活動」「環境との調和」「人間尊重」「社会との調和」の4つの柱は、リコーグループのCSRを推進する際の重要な指針となっています。

「リコーグループCSR憲章」とISO26000の7つの中核主題

GRIガイドライン対照表

参考にしたガイドライン

  • 環境省の「環境報告ガイドライン(2012年版)」
  • 国際規格ISO26000「社会的責任に関する手引」
  • GRI「 サステナビリティ・レポーティング・ガイドライン(第4版)」
  • CSRレポートの開示内容は、GRI「サスティナビリティ・レポーティング・ガイドライン第4版(G4)」の「中核( Core)」に準拠しています。

  1. リコーリース株式会社 CSR REPORT 2017 GRIガイドライン(第4版)対照表
ローカルメニューです
ページの先頭へ