CSR

コンテンツです
トップへ戻る
フッターへ移動する

環境経営度評価システム

当社は、独自の環境経営度評価システムによって、自社の環境経営をさ まざまな角度から点検しています。この仕組みは、事業を通じた環境貢献や 環境負荷に対する「自らの位置付けを知る」ためのツールとして、中長期の 環境目標や年度方針の策定に活用しています。
2017年度は評価項目の見直しを行いました。社会からの要請や環境の 変化に適応したことにより精度の高い評価システムになりました。 2017年度は以下の結果となりました。
②製品系の項目では、リース満了時の物件回収を新たな目標とし、回収 率の向上に繋げたことが評価され14.3%上昇しました。④グリーン事業の 項目では、グリーンリース事業の増加、再リース売上高の増加が評価され 13.3%上昇しました。一方、③オフィス系項目はCO₂の排出量削減が大き く評価されたものの、一般廃棄物が増加し目標を達成できず評価が下がり ました。以上から、総合得点率では2016年度比4.2%アップとなりました。 この結果を踏まえ、2018年度は引き続き②製品系と④グリーン事業の推 進に注力するとともに、事業を通じた環境負荷低減に貢献していきます。

2017年度環境経営度評価結果
ローカルメニューです
ページの先頭へ