]

CSR

コンテンツです
トップへ戻る
フッターへ移動する

対談「ダイバーシティとワークライフ・バランスの推進」

当社の社員の約半数は女性であり、女性の活躍がお客様満足度や生産性の原動力であり、当社の存続と発展には欠かせない要素です。当社初の女性社外取締役である志賀取締役とダイバーシティカウンシルのリーダー、佐々木が“ダイバーシティとワークライフ・バランス”の推進について意見を交わしました。

近年の日本社会全体のダイバーシティ、ワークライフ・バランスの動向から考えられる理想的な企業の姿についてお聞かせください。

志 賀:現在はどの企業も熱心に取り組んでおられます。特に日本は長きにわたり男性社会でしたから、急にダイバーシティ、ワークライフ・マネジメントに取り組むと言ってもなかなか進まないのが現状だと見ています。私自身の理想としては、間接的な表現になるかもしれませんが役割に捉われない社会を作ることではないかと考えています。今までは性別・年齢・立場などからこうあらねばならないという家族の役割がありました。男性も女性も働き、それぞれが自分を支えていける力を持ったところではじめて家庭をもつ。そこで男性が家事や育児をやらないということではなく、好きな人がやれるときに家事をやるという形になっていくのが理想ではないかと考えています。それには周りの家族や会社の上司や同僚もそんな意識を持たないと成り立たないですね。真の平等が成り立つようになると社会は随分変わってくるのだろうと思います。そんな社会を目指していかなければならないのでしょう。

社外取締役 志賀 こず江
構造改革推進部 佐々木 麻利

佐々木:ダイバーシティカウンシルでも制度だけの充実では成功しない。意識の改革がないとダイバーシティもワークライフ・マネジメントも進んでいかないだろうと話しています。また、管理職になりたい!と積極的に思っている女性社員は少ないと感じます。意識改革が欠かせないと思うものの、私自身を振り返ってみると、実は管理職への昇格希望をもっていたわけではありません。ただ、日々の業務の中で、オーダーされた業務だけではなく、常に自身が納得感を得られる仕事をしていこう、期待される以上のものを出していこうと心がけてきました。必ずしも、誰もが管理職を目指さねばならないわけではありませんし、昇格したいと強く希望する社員もいれば、こつこつと成果を積み上げて自然に管理職になっていくという社員がいて良いと思います。意識改革と一口で言っても、個人のパーソナリティやライフスタイルによって意識改革もまた多様であるのだと思います。

志 賀:意欲をもってキャリアを積み上げていく人もいれば、自分のいる今の環境のままではいけないと見直してみて、自分を変えていく人もいる。自分が日々健康で明るく楽しい毎日が送れることが重要だと捉える人もいる。それぞれの生き方の選択を誰も非難はできないし、逆に選択をしようとしたときに選択が出来る社会でないといけないと思います。

佐々木:そうですね、今や生き方には多様な選択肢がありますから。

志 賀:今のお母さん達は大変だろうなと思います。自身の見た目にも気を遣い、子育てにも一生懸命、仕事にも意を注がなければならないでしょう。あまりにもプレッシャーが大きいのではないかと。男性にもそうした人生の流れはあるのだけど、男性は“社会において働く”という選択肢が多くを占めます。女性には仕事か結婚かの選択肢がありますよね。男女ともに選択肢や役割、キャパシティを見直して、これからの人生を考えてみると良いのではないでしょうか。

佐々木:私も、女性は生き方が器用であるような気がします。

志 賀:私たちの世代が社会へ出た頃、女性は一生仕事をしようと考えていた人は少なかったと思うのですが、今の女性の新入社員はどうですか?

佐々木:一生働き続けようと思っている社員が増えましたね。産休・育休などの会社の制度も充実してきていますし、学生時代から勤め続けるという思いをもって就職していますから、何かあって辞めるという選択が彼女たちにはないように見えます。リフレッシュの手段をたくさんもち、ストレス発散が上手なところも器用だなと。

志賀さんと佐々木さん

志 賀:ところが、働き続ける中で結婚や出産、介護等のライフイベントによって心境に変化が起こり、時間に余裕のある働き方がしたいと思うのかもしれません。

佐々木:どうしても途中で変化してしまうことはあるのでしょうね。

志 賀:こういうテーマでお話をさせていただく機会があると、男性の育児休業制度の話が出ます。育児休業は取りたいけれど、周りの目もあるし恥ずかしくて取れない。一方で本当に男性は育児休業を取りたいのかという話。オムツを替えて、離乳食も作ってということを本当にやりたいのか。正直言って疑問よね、という話になるんです。もちろん本気で育児に関わっていきたいと考える男性もいますよ。そこをどう展開していくかが課題なのです。そうした課題を解消できると、女性も責任のあるポジションを目指していけるのではないでしょうか。五分五分の家事や子育てとまではまだいかないですね。また、日本では保育に関する費用の負担は大きいですから、結果女性が育児を担当することになる。男性の本気の意識改革が必要なのです

女性のキャリアアップには互いの違いを理解し合い、多様な仕事に積極的にチャレンジすること、また、そのチャレンジに向けて女性自身の意識改革が不可欠であると考えています。女性の意思改革を進めるためには何が必要だとお考えですか?

志 賀:例えば、30代の女性があの人の背中を見て、目指していけるという対象が同性には少ないんですよね。だから「あなたが最初のモデル。第一歩なのよ」っていきなり言われてもなかなか勇気がわかない。社内でモデルを見つけるのは難しかったら、社外で見つける機会をつくるのが大事でしょうね。社外といえば、従来の制度を見直す会社がでてきました。時短勤務利用やワーキングマザー向けの優遇策が長く続くと、その環境に慣れてしまいキャリアアップの意識につながりにくいのではないか、どこかで飛躍できるタイミングをつくらなければという判断だったのだと思います。そうした例からも社外での事例やロールモデルを探すことも有効だと思いますよ。

佐々木:制度を整えすぎると、逆に本人のキャリアアップへの意欲や危機感を削いでしまうことがあるかもしれません。当社は近い将来に時短勤務者が100人規模になる試算です。女性の3人に1人ですので戦力が不足します。女性のより一層の活躍が欠かせません。

それにはキャリアアップしていくメリットを社員に知ってもらわないとならないですね。

佐々木:そうですね。これまでの自身の経験をたどってみると、自分の意思を直接自部門に反映させられる面白さでしょうか。大変さはあるものの、自分が提案した施策について初めは反対意見が出ることがあっても、メンバーからだんだんと賛同を得られた結果、実績が出たときは良かったなと思いますし、みんなが笑顔になってくれた瞬間はうれしいなあと思いながらやってきました。

志 賀:女性のキャリアアップの話が出ましたが、業務ローテーションが当たり前になってくると、その中で私はどうなのかとか考えます。キャリアについて考える好機会になるのかもしれません。昨日までの自分と変わりない自分でいて良いのかと考えると、キャリアロスの実感も湧いてくるかもしれません。

佐々木:以前、女性の業務ローテーションはほとんどありませんでしたが、今はそうではありません。また、キャリアについて考える機会もこれまではあまりありませんでしたが、昨年くらいから属性別のキャリア研修の開催が頻繁になりました。ワーキングマザーも受講しています。受講生のキャリア形成への関心が高まっているように見えます。

会社でもプライベートでもイキイキと活躍する社員・人になるにはどんなことが求められると考えていらっしゃいますか。

佐々木:仕事だけではつまらないですよね。仕事を続けるためのプライベートは大切だと思っています。私の場合はスキューバダイビングが好きで長くやっています。走ることも長く続けています。身体がなまってしまうのは嫌なので、体力作りに気を遣っています。好きな趣味に夢中になることで仕事もイキイキできる。心と身体はつながっていますから。

インタビュー中の佐々木さん

いつもお元気な志賀取締役ですが、バイタリティを持ち続ける、また、継続するコツはありますか。

志 賀:私も初めからできていたわけではありません。劣等感に苦しんでいた時もありましたが、人と比べてどうではなく、私は私で良いと思えた瞬間にとても楽になりました。私なりに続けていくことが重要だと。また、何かを継続できるのには続けやすい環境をもつことですね。あとは、楽しさを見出すこと。また、ちょっと高い目標を置くと意外と続くのかも。あまり楽なことを目標にすると、その楽な目標すら達成できないと思うと挫折してしまうから、少し高いところに目標をおくことで、逆にどうせ無理という気楽な気持ちで臨めるのです。

佐々木:どのような状況にあっても楽しみを見出すことが大切なのですね。ワーキングマザーには自分だけの時間を確保するのが難しい時期もあります。
働く女性に向けてメッセージをお願いします。

志 賀:私も苦労してきた時期はありますが、どんなわずかなことでも、少しの時間でも良いのです。自分のためだけの時間を捻出して何かやってみることで自分を愛おしいと思ったり、自分に自信が持てたりするのだと思います。まず1歩挑戦してみてください!そこからライフワークにつながるような何かが見つかるかもしれません。

インタビュー中の志賀さん

貴重なお話をいただき、ありがとうございました。

志賀 こず江氏 (白石綜合法律事務所 パートナー)
1967年高校卒業後日本航空の国際線客室乗務員として勤務。約2年間のフライトの後,結婚のため退社。主婦業・親介護を続けながら、慶應義塾大学法学部通信教育課程で4年間法律を学び,1977年卒業。その後13年間にわたって司法試験に挑戦し続け,1990年合格。1993年検事に任官、横浜地検、東京地検等を経て1998年弁護士登録。現在は白石綜合法律事務所パートナー、東横イン社外取締役、新生銀行社外監査役、リコーリース社外取締役、特種東海製紙社外取締役を務める。
著書に「ほかの誰でもない私を探して スチュワーデス、弁護士になる」、「ピアノがうるさい!まるくおさめるべきか訴えるべきか 主婦弁護士・志賀こず江の法律相談」「15歳からの仕事の教科書 弁護士のしごと」などがある。

ローカルメニューです
ページの先頭へ