CSR

コンテンツです
トップへ戻る
フッターへ移動する

ロールモデル(ワーキングマザー代表(40代))

ワーキングマザーで様々なご苦労があったと思います。

業務内容について

第三業務部 与信C 与信G 福田良子
福田 良子
第三業務部 与信C 与信G
【プロフィール】
社歴は約20年。関西支社に勤務。入社してから業務
担当、営業アシスタント、コールセンター、与信担当と
豊富な経験をもつ。5年前に育児休業を取得、復帰後は
与信担当として勤務。

9:30-16:30の時短勤務をしています。通算で7年ほど与信業務を担当しており 関西支社と関西医療福祉営業課を担当し、1日30件前後の与信をしています。

育児休業明けには与信業務も含め、新システムが導入されていたので、復帰してからの与信業務は難しかったですね。規定等もどんどん更新されていて最初はとまどいました。 早く戦力にならないと、という焦りがあるのに、子どもが保育園で感染症によく罹り、早退やお休みが続く時等は申し訳ない気持ちでいっぱいでした。また自分自身の体力のペースがつかめるまで時間もかかり、復帰直後は毎日くたくたで、どうなることかと悩んだ日々もありましたが、センターのメンバーの理解とフォローに励まされながらなんとかやってきました。 出社できているときは、できるだけ件数をこなせるように必死でした。そうしているうちに、 だんだん与信処理件数が伸びてきて、営業担当者とのコミュニケーションもとれるようになって、やり易くなってきました。 時短者はそもそも在席する時間が短いし、業務をこなさねばと思うと コミュニケーションがどうしても少なくなります。朝礼と夕礼には出られないので 情報収集に気を遣いました。

心情的にはみんなも忙しいのに、私が帰ったあとのフォローしてもらうのが心苦しいですね。保育園の延長保育を利用したり、主人が早く帰れる時はお迎えをお願いしたりしています。普段心がけていることは営業担当から直接頼まれたことはなるべくやりきって帰ることですね。 最近はやっと経験と知識も増えてきてスキルがあがってきた気がします。

リコーリースは女性が多いので働きやすいですね。 性別やワークスタイル等に関係なく目標を与えられ、やりがいのある仕事を持たせてもらえると思います。恵まれているなあと感じています。7月にキャリア研修を受講して、キャリアプランを立ててみました。毎日流されるように過ごしてしまいがちですが、コールセンターの立ち上げに関わったりとこれまでの仕事のたな卸しをしてみて、私にはこんなことができるんだと振り返ることができました。また、時短勤務を終えたときの自身のポジションや、どんな業務が自分に向いているのかゆっくり考えることもできました。これまでの経験を活かして、業務の幅を広げ、グループのリーダーを担えるような人材になっていきたいと思います。

プライベートについて

取材を受ける福田

子どもは男の子、5歳です。 普段は保育園に預けています。通勤時間は40分ぐらい。 保育園には徒歩で、通勤は電車です。 関西支社は本社と違って育児休暇中の人も多く 最近まで同じような苦労を分かち合える人があまりいなかったです。 今年は5人復帰して、6人になったんですよ。

普段のスケジュールはこんな感じです。
朝は6時頃起床。子どもが起きる前に洗濯、用意、起きたら食事、お弁当をつくって 8時頃に家を出ます。保育園までは歩いて15分ほどです。電車に乗って通勤、9時半〜16時半が就業時間です。 18時頃に保育園にお迎えに行った後、買い物。19時半頃に夕ご飯です。 片付け、お風呂、明日の準備をして23時には就寝します。

子どもって夜は早く寝るものだと思っていたのですが、保育園でのお昼寝のせいか全然寝なくて。早く寝させなきゃ!でも寝ない・・・この時間に家事ができたのに、というのがストレスでした。 試行錯誤の末、今はマイペースにやっています。 保育園の先生やママ友のアドバイスの下、やっと自分と子どもにとってちょうど良いペースがつかめてきました。 プライベートでもみなさんに支えられています。 好きなテレビか、雑誌や本を読んでいる時がほっと一息ですね~。土日は家族でどちらか外出するのも楽しみです。

社歴20年、これからも私らしく勤めていきたいと思っています。助けてくださった皆さんに感謝ですし、これからも助けていただきながら私も皆さんに仕事で恩返しができればうれしいなと思っています。また、ワーキングマザーの代表として後輩のお手本になれるようまだまだがんばっていきます!


※このインタビューは2015年当時のものです。

ローカルメニューです
ページの先頭へ