リース

コンテンツです
トップへ戻る
フッターへ移動する

コピー機、複合機、MFP

情報化時代に対応すべく、最新機器の導入を検討されたA社のケースをご紹介します。

  • 業種不動産仲介業
  • 従業員 10名
  • 所在地郊外
A社社長

FAX、コピー機、プリンターが古くなった。お客様にご提出する書類や図面をきれいにするため、最新機器(150万円)に買い換えたい。
しかし購入資金を一度に支払うのは難しい。家賃のように毎月一定額の経費としたい。

ご提案
リコー最新MFP(マルチファンクションプリンター)をリコーリースにて5年リース
購入の場合 リコーリースからリースの場合
150万円を一括に支払うため、資金を用意する必要がある。 毎月固定額での支払いとなるため、まとまった資金の準備は不要。
融資枠を活用して、銀行より借り入れる。毎月のローン返済を行う。 リコーリースと契約して、毎月のリース料金を支払うのみ。
自社保有の資産となり、減価償却していく。
固定資産税の納付や保険への加入など事務手続きが煩雑。
毎月固定のリース料は、経費扱いになり、損金として扱える。その他事務処理はすべてリコーリースが担当するため事務負荷が軽減できる。
返済が進まなければ融資枠が空かないため、将来の運転資金調達に不安要素が残る。 銀行の融資枠はそのまま取っておける。運転資金が必要な際には、銀行から借り入れられる。
買い替え時までに、再度資金を用意しておく必要がある。 リース満了となり、古い機器は引き上げ、再度最新機器を導入できる。
毎月のローン支払いと機器の保守や消耗品の支払い先が別々でトータルコストが見えづらい。 リース支払いと保守、消耗品の支払いをまとめることができ、事務の効率化とともにトータルコストがはっきりと見え、安心。
結果
最新MFP導入で、FAX、コピー機、プリンターが一体化され、これまでそれぞれを設置していたスペースが広く使えるようになるとともに事務手続きが軽減された。また、高速印刷、カラー印刷、スキャン機能などの活用で、お客様にご提出するドキュメントの品質が向上し顧客満足度がアップした。さらに、全額経費処理ができ事務作業が軽減、借り入れもなく健全な経営を続けている。
ページの先頭へ