IR情報

コンテンツです
トップへ戻る
フッターへ移動する

リース月次統計

リース統計(2019年3月)

2019年3⽉のリース取扱⾼は7,100億円、前年同⽉⽐1.1%増、7ヵ⽉連続の増加となった。

機種別にみると、情報通信機器(16.2%増)、産業機械(52.3%増)、⼯作機械(24.4%増)、がそれぞれ2桁の伸びを⽰したほか、事務⽤機器(3.9%増)、⼟⽊建設機械(5.7%増)、輸送⽤機器(6.2%増)、商業及びサービス業⽤機器(2.2%増)が引き続き増加を⽰した。⼀⽅、医療機器(6.5%減)は引き続き減少を⽰した。

《参考》リース統計(2018年度速報)
2018 年度(速報値)のリース取扱⾼は 4 兆 9,894 億円、前年同期⽐ 3.3%増となった。
機種別には、情報通信機器(7.3%増)、産業機械(1.8%増)、⼯作機械(7.9%増)、輸送⽤機器(5.6%増)、商業及びサービス業⽤機器(3.1%増)がそれぞれ増加を⽰した。⼀⽅、事務⽤機器(2.6%減)、⼟⽊建設機械(5.4%減)、医療機器(6.4%減)がそれぞれ減少を⽰した。

※速報値は 2018年4⽉〜2019年3⽉の⽉次の累計で、前年同期⽐は2017年4⽉〜2018年3⽉の累計(4兆8,300億円)との⽐較。2018年度の確定値(機種別・企業規模別・業種別)は5⽉下旬に発表(会⻑会⾒予定)。

2019年4月26日発表
提供:公益社団法人 リース事業協会
ローカルメニューです
ページの先頭へ