企業情報

コンテンツです
トップへ戻る
フッターへ移動する

コーポレート・ガバナンス

コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

当社グループは、企業倫理と遵法の精神に基づき、経営の透明性を確保しつつ、競争力の強化を目指したコーポレート・ガバナンスに取り組んでおります。また、ステークホルダーを顧客、取引先、株主、社員、社会と定め、信頼関係を構築し、これにより、持続的な成長と企業価値の増大を図ってまいります。

当社では、取締役会、監査役会を会社経営機関として、経営の透明性、公正性、遵法性を確保したコーポレート・ガバナンス体制を構築しております。また、執行役員制度を導入しており、経営上の意思決定機能と事業執行機能を分離し、事業執行体制の強化を図り、経営の効率性を追求しております。今後も、社会環境・法制度等の変化に応じた仕組みを常に検討し、コーポレート・ガバナンスの更なる強化を図り、改善に努める方針であります。

コーポレート・ガバナンス体制

コーポレート・ガバナンスの体制

買収防衛策について

当社は買収防衛策を導入しておりません。

コーポレート・ガバナンス報告書

コーポレート・ガバナンス報告書 2019年6月21日発行(PDF:135KB)
別ウィンドウで開きます
ページの先頭へ